スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お蚕さん

出張トリートメントで銀座付近に出没したのですが

伺ったときに
友人でもある着物のお仕事をされているお客様から
銀座でお蚕さんが見れるよー。と
教えていただいて、帰りに寄ってきました。

銀座「蚕」飼育展(2009.6.9(火~6.21(日)まで)
プにプにしているお蚕さん

着物やさんの主催で行われているこの蚕展
お蚕さんが生まれて、きれいな繭を作るまでが見れるのです。

展示されているギャラリーでは
なんと約5000頭のお蚕さんが
脱皮したり、桑の葉を食べていたり、繭をはく所を間近で見ることができます。

5000頭もいると
もう圧巻ですよ。


新鮮な桑の葉の香りが漂ったギャラリーに
シャリシャリシャリと音が聞こえるくらい葉を一生懸命食べているお蚕さんたちが・・・
(虫嫌いの方はちょっとだめかもしれませんね…)
5000頭のお蚕さん

(これは別の品種の繭・天然の色なんですって)
めずらしい品種の繭


私が見に行った頃は、何回かの脱皮が終わって桑の葉を食べる時期の時。
あと4、5日したら繭をはき始める段階なんだそうです。

触ることもできて、プニプニしてかわいいんですよ。

この着物やさんが蚕の飼育の展示をはじめたきっかけは
店主さんの当時小学生の息子さんが
「お父さん、着物って何からできているの?」という一言からだったそうで
13年ももう続いているそうです。


展示されているお蚕さんは
「プラチナボーイ」という純国産のめずらしい品種で
その名の通りオスだけで繭を作っていて、それを紡いで着物になるんだそうです。

この繭は、温度・湿度・衛生条件など管理が大変だそうで
年間生産数もごくわずかなんだそう。
蚕農家さんが、大切に育て上げて貴重な繭が取れるんだそうです。

田植えのときも感じましたが

こうして、一生懸命なお蚕さんを見ていたり
(この蚕たちは、繭を作るために生まれているので、飛び立つことなく死んでしまいます。)

生産者側からのお話を聞いていると

命をいただいくことの大切さは
食べるものだけではないんだなあ。

身につけているものも
おうちにある身近なものも
すべて何かの 命をいただいて作られているもの。

大事にしていかなきゃいけないなあ。と思いました。


そういえば
小学生の低学年くらいの時
お蚕さんをクラスで飼育しませんでしたか?
そのときは、繭が着物になるなんて知らなかったなあ。

なかなか日常で着物に触れることは少ないかもしれませんが

銀座にもし行った際は
良かったら、着物の源である蚕たちに触れてみませんか?
(ギャラリー隣に男性専門の着物屋さんも、あって見ているだけでも素敵でしたよ。)

着物専門店<銀座もとじ>
スポンサーサイト
プロフィール

hoyunori

Author:hoyunori
大泉学園のリラクゼーション・エステサロン
(女性専用)
aroma salon hoyunoriです。
*スウェディッシュマッサージ
*リフレクソロジー
*ホットストーントリートメント
*フェイシャル
*ハーブボール
*ボディーケア
*出張トリートメント
多彩なコースをお選びいただけます。
ひとりひとりにあった
オーダーメイドのトリートメント
でお身体とココロをほぐします。
ほっこり。
ゆったり。
のんびり。した時間を
お過ごしになりませんか?
詳細はホームページをご覧くださいませ。

◆ほゆのり(携帯サイト)はこちら
◆ほゆのり(PCサイト)はこちら
◆お客様の声集はこちら
■ご予約はこちらからどうぞ■↓↓↓
専用ご予約フォーム

常時更新はしておりますが先にご予約がすで入っている場合もございますので予めご了承ください。

カテゴリー
Twitter&facebook
Nami Suzuki

バナーを作成
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
4762位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
セラピー
270位
アクセスランキングを見る>>
ブログ内検索
hoyunori
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。