スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

眼瞼下垂症(がんけんかすいしょう)

眼瞼下垂症(がんけんかすいしょう)

という目の病気はご存知ですか?

その病気の手術をなさったお客様を担当して
はじめて聞いて
いろいろうかがったのですが

上まぶたが上がりにくくなることで生じる症状のことで

上まぶたの裏側にある瞼板と呼ばれる軟骨に
腱膜という薄い組織がくっついていて

この腱膜は上まぶたの奥にある筋肉の収縮で引き上げられるのですが
腱膜がずれたり、外れたりするとうまくまぶたの引き上げが行われなくなって
目がいつも眠たそうに見えるとか。

ある日突然、まぶたがなんの前触れもなく開かなくなることもあるそうで…


花粉症やアイメイクのクレンジングでまぶたを強く擦り刺激が加わることでも起こるらしく
さらにコンタクトレンズを10年以上使っている人は、ほぼ全員この症状が見られるとか…

この眼瞼下垂症になると
他の顔の筋肉で瞼を開けようと眉毛をつり上げる筋肉を使ったり
顎をあげる動作をしたりするので
顔や首、肩の筋肉を緊張させるので、体にかなりの不調や不定愁訴が起こるそう。

さらに交感神経が常に刺激されてしまうので
心身に疲労がとても溜まって鬱症状が出る場合もあるそう。

担当したお客様も
頭痛と吐き気とものすごい肩コリにずっと悩まされて
眼瞼下垂とわかり
顔の筋肉どころか全身の筋肉を使ってまぶたを閉じたり開いたりしていたくらい
重度だったため、権威のお医者さんを探して手術に踏み切ったそう。

歯も常にくいしばっていたため、折れてしまったところもあるとか。

目の大きさや形を患者さんと先生が相談するため
手鏡を持ちながら手術されたそうで

目をレーザーで焼くときはステーキの匂いがしたと言ってました…(ひえ~(>_<))

でも
手術の途中から
肩コリがすーっと楽になって、血行が良くなっていくのが
みるみるわかったので

手術の痛みや恐怖より、楽になった身体が嬉しかったとか。

お客様の術後の身体を触ってみて
正直、背中や肩は鉄板のようにカチカチだったんですが…(+_+)

手術前はこんなもんじゃなかったのよー。っておっしゃってました。

目からくる疲労って
ココロとカラダにものすごい影響してくるんですね。

毎日知らず知らずのうちに
酷使している自分の目。

労わってあげたいですね。


【携帯から見れる携帯写メール日記→今日のひとりごと←も書いてます。】

【4月よりギフト券の販売はじめました→詳しくはこちら・・・






スポンサーサイト

非公開コメント

プロフィール

hoyunori

Author:hoyunori
大泉学園のリラクゼーション・エステサロン
(女性専用)
aroma salon hoyunoriです。
*スウェディッシュマッサージ
*リフレクソロジー
*ホットストーントリートメント
*フェイシャル
*ハーブボール
*ボディーケア
*出張トリートメント
多彩なコースをお選びいただけます。
ひとりひとりにあった
オーダーメイドのトリートメント
でお身体とココロをほぐします。
ほっこり。
ゆったり。
のんびり。した時間を
お過ごしになりませんか?
詳細はホームページをご覧くださいませ。

◆ほゆのり(携帯サイト)はこちら
◆ほゆのり(PCサイト)はこちら
◆お客様の声集はこちら
■ご予約はこちらからどうぞ■↓↓↓
専用ご予約フォーム

常時更新はしておりますが先にご予約がすで入っている場合もございますので予めご了承ください。

カテゴリー
Twitter&facebook
Nami Suzuki

バナーを作成
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
3867位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
セラピー
232位
アクセスランキングを見る>>
ブログ内検索
hoyunori
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。