スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親切も時には難しいのかな・・・どう思いますか?

先日乗った、近所のバスの中でこんなことがありました。

お年を召したおじいさんが、杖をつきながら
乗ってきました。
足腰が相当弱っているみたいで
手すりにも掴まりつつ
ものすごーくゆっくり慎重に乗ってこれらたんです。

次の停留所ですぐに降りられたんですが
降りるのはもっと大変そうだったので
お手伝いしようかな。っと思っていたら
おじいさんのすぐ近くに座っていたら中年の女性が
おじいさんの背中にやさしく触れて介助されてました。

バスが走り出したら
運転手さんがアナウンスでこう言ったんです。

足のお悪い方や体の不自由な方の介助をありがとうございます。
最近、みなさん親切で体の不自由な方を介助してくださる方が多く
ありがたいと思っていますが
今後は、荷物が多くて困っている方だけに介助をお願いします。
ああいった足腰のお悪い方、不自由な方は、ご自分のペースや態勢がございます。
無理に介助をされて、おけがをする場合がございますので
どうぞ今後は、手助けはされませんようにお願いします。

と言った内容でした。
よく乗っているバスで、はじめて聞く内容でした。

これを聞いてとても複雑な気持ちになりました。

きっとこのバスの会社では
親切で介助したのに、お年寄りがけがをされたケースが多発しているからゆえの
アナウンスだったと思いますし
会社側の責任になってしまうでしょうから
言いたいことはとてもよくわかります。

でも今回のその方は
決して無理にひっぱったりしていなかったし
(運転手さんは、おじいさんが降りるまで運転席で待っている形でした。)
これを聞いた子どもとかどう思うんだろう。
でも確かに
自分のペースってあるもんなあ。
だったらもう少しアナウンスの言い方変えればいいのかな。とか…
とかいろいろと考えてしまいました。


皆さんはどう思われますか?

スポンサーサイト

複雑だね。

不要な親切を押し付けようとも思わないけど

荷物以外の手助けを「されませんように」

と、言い切ってしまっていることが気になる。

相手のペースを見極めて判断してあげて、と

幅を持たせた注意喚起にとどめておけばよかったのかも。


ダメと言われていても、手を借りたい人だっているだろうし。

相手の気持ちが推し量れる大人でありたいものです。

おいらへスースへ☆

ほんとにそうだね。
親切って心の内側から出てくるものだと思うし。
難しいけれど
相手の立場に常に立って考えて行動したいよね。
非公開コメント

プロフィール

hoyunori

Author:hoyunori
大泉学園のリラクゼーション・エステサロン
(女性専用)
aroma salon hoyunoriです。
*スウェディッシュマッサージ
*リフレクソロジー
*ホットストーントリートメント
*フェイシャル
*ハーブボール
*ボディーケア
*出張トリートメント
多彩なコースをお選びいただけます。
ひとりひとりにあった
オーダーメイドのトリートメント
でお身体とココロをほぐします。
ほっこり。
ゆったり。
のんびり。した時間を
お過ごしになりませんか?
詳細はホームページをご覧くださいませ。

◆ほゆのり(携帯サイト)はこちら
◆ほゆのり(PCサイト)はこちら
◆お客様の声集はこちら
■ご予約はこちらからどうぞ■↓↓↓
専用ご予約フォーム

常時更新はしておりますが先にご予約がすで入っている場合もございますので予めご了承ください。

カテゴリー
Twitter&facebook
Nami Suzuki

バナーを作成
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
3675位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
セラピー
207位
アクセスランキングを見る>>
ブログ内検索
hoyunori
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。